読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土日まとめ!


こんにちは。ジュウオウジャーを10分見逃し、機嫌が悪いいでこです。
私「な゛ん゛て゛お゛こ゛し゛て゛く゛れ゛な゛い゛の゛!!!」
母「なんでガチギレしてんの?」

そりゃキレるわ。


はい。

「♪キュアップラパパと魔法の言葉で破茶滅茶大炎上!」
とかいう、うろ覚えのプリキュアOPの曲に合わせて首を振るという弟考案の遊びが面白かったです。

面白かったし、せっかくなので、ビデオを撮らせてもらいました。
やり方は簡単。タオルケットを顔にかけ、リズムに合わせて首を左右に振るだけ。

f:id:hiziri69trout:20160417141202p:image

私「キュアップラパパでなんたらかんたら」


f:id:hiziri69trout:20160417141253p:image

弟「後頭部痛っ!?毛が縮れる!?」

カーペットの生地が合わなかったようです。
前回は布団でやったので、頭の負担も軽かったでしょうね。

仕方ないので起きてやってもらいました。


f:id:hiziri69trout:20160417141620j:image

私「♪キュアップラパパのうんたらかんたら破茶滅茶なんとかか」

f:id:hiziri69trout:20160417141656j:image
f:id:hiziri69trout:20160417141706j:image

弟「べーーー」



はい。




土日は暇すぎてぶっ倒れそうでした。
月曜日に数学の小中間テストがあるのですが、勉強はしてません。暇ですが勉強はしません。絶対しません。やる事があるのに敢えて何もしない休日って最高じゃないですか?
これやんなきゃなのに〜!、やらない。
何もしないでダラダラ過ごすと、あとで後悔しますよね。150%の確率で。分かってるんですけど、スマホをいじり倒す無駄な時間で潰すんですよ。めちゃくちゃ気持ち良いですよ。

最高かよ。

昨日の土曜日にブログを更新しようかと思ってたのですが、書くことが真面目に何もなさすぎて断念しました。「今日は暇でした。」なんてクソどうでも良いことしか書いてないブログは、既にない需要をマイナスにするほか役目がないじゃないですか。

土曜日はなんと、お絵描きとスマホで潰れてしまいました。
母が履歴書を書き終えたらアニメイトに連れて行ってあげると言っていたので、楽しみにしてたのですが書き終わらず、行けませんでした。
今現在も書き終えてません。

落書き
f:id:hiziri69trout:20160417124726j:image

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションという作品の落書きです。ベタ塗りで飽きて力尽きました。
浅野いにおさんの絵柄が好きで、参考にしながら描いているのですが、難しいですね。


暇でしたとはいえ、本当に何もなかったわけではありません。
夜、夕食後の20時ごろに母と姉とイオンへ行きました。
学校へ履いていく靴がボロすぎるということで、ローファーを買いに行きました。わざわざイオンまで行く必要があるとは思えませんが、買ってもらう身分で偉そうなことは言えません。母いわく、「イオンの方が色々な店があるし、夜までやってるから」という理由だそうです。
私はこれまでローファーではなく普通のスニーカーを履いて学校へ行っていたのですが、私が身につけるものはすべてダサくなるという特殊効果が発動し、周囲にだっさい垢抜けない臭を漂わせていました。別に人に言われたわけじゃないんですけど、ダサくて芋い女子という自覚があります。「今時のJKが身につけてるものと同じものを身につければ、多少はダサ感が軽減されるんじゃないか...?」と安易な考えを持った私は、ローファーデビューすることを決意したのです。
これまでなぜスニーカーだったのかというと、私は常に、『常識に抗いたい』という概念を持って生活するように心がけています。なんか痛いですね。きもい。サブカル臭漂う女の人に憧れるわけでも無いんですけど、サブカル系には染まりたくないです。人と同じものは極力持ちたくないんです。なんか、自分は違うみたいな個性が欲しいんです。自分の意見を外に出したいけど、そんな度胸は無いです。ブログやツイッターを始めたのも、少しでも良いので私の事を知ってほしいからです。将来的には、アンチ共に怖気付かない勇気があって、自分を世間に出す事ができて、世間に認められるような人材になりたいです。でも、自分に期待されたり、チヤホヤされるのは嫌です。もちろん嬉しいんですけど、期待されるってことは、その分プレッシャーにもなりますよね。初回は誰にも期待されず、自由に自分のペースで自分がやりたいことをやりたいだけやった、プレッシャーもクソも無いオナニーのような自己満足作品になりますが、その作品や意見が世間に認められ、ファンやアンチが発生すると、次回作は何をしようと注目を集めるわけじゃないですか。そんなの絶対耐えられません。もし期待はずれな物にしてしまったらどうしよう。失望されたらどうしよう。アンチにこっぴどいスレを立てられ叩かれまくったらどうしよう。不安やストレスで押しつぶされてしまいます。メンタルが豆腐です。もっと芯の強い心を持ちたいです。ダサい自分に自信が兼ね備えられれば、怖いもの無しの面倒くさい人間になれると思います。
脱線しましたが、私が今までローファーを履かなかった理由は、そんな感じです。人とかぶるのが嫌なんです。だから通学カバンも、みんなが使ってるリュックではなく、ショルダーバックなんですよ。どうでも良すぎですね。すみません。
と、いうわけで、イオンの中を3人でうろついていると、可愛い服屋や雑貨屋さんがたくさんありました。私達は自然と引き寄せられ、可愛い可愛いと騒ぎ立てました。特に、キッチン用品が所ぜましと並ぶ雑貨屋さんでは、お弁当箱を見て回りました。デカかったり奇抜な色の台所グッズなど、外国っぽいものがたくさんありました。

姉「この弁当ちっさwww」
私「ここにご飯で、こっちもご飯」
母「これで足りるわけなくない?」
姉「ねー、こっちのやつでかすぎw」
私「あ、屁でた」
母「やだ〜くっさ」

難癖をデカイ声でつけまくる嫌な客でした。

階の移動中も、屁をしながら歩きました。

私「ねーねー、屁した」
姉「なんか臭いなーと思ったわ」
(男性客2人組とすれ違う)
姉「絶対臭いって思われてるよね」
私「だよねーまあいいけど」


とある服屋で見つけたトートバッグに一目惚れした姉は、しつこく欲しいとせがみまくり、買ってもらっていました。その時、母に「あんたに物を買ってやってもいいんだけど、家の手伝い全くしないし、部屋も汚ったないじゃない」
と怒られまくっていました。私は「そうだよ」(便乗)と流しながら母の怒りが自分に向けられないように考慮しながら会話に参加してました。


その後、母は、サマンサ(?)とかいうカバンや財布のブランドの店に行きたいと言い出したので、興味のない私と姉は、隣のアースという服屋さんに寄りました。サマンサという店は、一軍女子的な香りがプンプンしたので、入ることを全面拒否しました。

アースはほんわか和み系のシンプルな服が多い中で、なんでもダサく着こなす特殊効果を持った私に一番似合わない服を探しだそうと姉が言い出し、探しました。チビデブな私に最も似合わないのは、ワンピースだという結論になり、ワンピースのコーナーに行きました。

姉「あっはははww似合わなwwwww」
私「これとか超似合わなくない?」
姉「ひいいいwww似合わなすぎwww」

散々馬鹿にされて笑われました。

そして、ようやく靴屋さんにたどり着きました。ローファーのコーナーに行ったのですが、あまり種類がありませんでした。私は足の幅がでかいので、普通の女性向け靴だと99%キツイか入らないです。ローファーは入らないものもありましたが、ハルタのローファーは比較的幅も広く、よかったです。姉は茶色のハルタのローファーを買いました。
ハルタは幅広めということでしたが、それでもまだキツく感じたので、イオンの靴が売ってるところに移動しました。

一階に降りている途中、母の歩く速さが早すぎて、私と姉は常に5メートル離れているという状態でした。そして、エスカレーターに乗ろうとしたら、前に邪魔くさいカップルが現れ、私達と母の距離はどんどん広がりました。さっさとエスカレーターを降りた母は、私たちを下から見上げていました。なにか反応してあげた方がいいのかな?と思った私は、母に向かって変顔をしたり舌を出したりしていたら、先に歩いて行ってしまいました。

トップバリューのローファーはハルタに比べて2000円くらい安かったです。しかも、ハルタより足にしっくりきたので良かったです。23.5と24.0のローファーを片っ端から履きまくり、比較しまくりました。イオンの靴販売コーナーにもハルタのローファーが売っていて、それも履きまくりました。

姉と母の2人が疲れて椅子に座っている中、私は品物のローファーを履いて店内を駆け回っていました。ガキ顔負けのガキらしさを発揮しました。

ようやく決めたのは、やはりトップバリューのローファーでした。安いもののほうがしっくりくるって、やはり安い奴なんですね、私は。

母がレジでお会計の間、姉とイオンの商品をディスりまくってました。

姉「これダサすぎ!」
私「ださいwwww」
姉「この服なに?何でこんなにださいデザインが出来るんだろう」
私「このニットの帽子っておじいちゃんが被ってそう」
姉「たしかに。って、この帽子ちっちゃwwww」
私「貸して〜!うわ入んねえwww」
母「ちょっと何してんの?うわ、臭くない?」
私「屁した」

頭をボッサボサにしてイオンを後にしました。

靴コーナーの近くが女性用下着コーナーだったんですけど、そこにテレビが置かれて、下着のコマーシャルがずーーーっと流れてたんです。そのコマーシャルで、ポアッポァッと言うような音がずーーーっと流れてるんです。結構音がでかくて、靴コーナーにも聞こえてました。私が靴を選んでる時も、ずーーーっとポアッポァッと音がしてました。私は別に気にしなかったのですが、帰り際に下着コーナーを通ってそのコマーシャルを生で見たとき、姉が、
「この音だったんだー。ママが『この音なんだろね?』って言ってたから気なってたんだよね」
私「wwwwwww 」

爆笑しました。

今これを書いてて何が面白かったのか分かりません。

家に帰る車内では、母の愚痴大会と化してました。先週誕生日だった母は、父からのプレゼントが貰えていないことにご立腹の様子でした。昨年も、一昨年も貰えていないようで、今年は父から「あげる」と宣言されたにも関わらず、貰えていないようで、キレてました。それは残念ですねー。(棒)ということで、流しました。正直他人のことはどうでもいいです。人によりますが。気になる人はストーカーしますが、どうでもいい人に関しては一切興味が湧きません。生きてても死んでてもどちらでも構いません。

ところが、今日、午後家に帰ってきた父が「プレゼントを買いに行こう」と言い出し、プレゼントを買いに行ったようです。
行く前、母がまだ履歴書を書いていたので、父はなんかイラついてました。

父「どうでもいいでしょ。嘘なんて書けばバレるんだから、正直に書けばいいて」
母「でも、今仕事をしてるって書けば不利になるから、辞める予定って書いた方がいいのかな?」
父「いいて書いても書かんでも。」
母「でもー、書かないとあれだしどうたらこうたら云々」
父「」
母「ペチャクチャペチャクチャペチャクチャ」
父「誰と喋ってん」

母は喋るのが大好きなようです。

財布を買ってもらったそうです。良かったね。


そしてイオンから家に帰ると、父と弟がガンダムoo(ダブルオー)を見てました。ちょうど終わるところで、エンディングが流れてました。
弟「この声トッティ!!入野自由ー!」
私「ほんとだー」
エンディングのあと、一般人がガンダムを紹介する?みたいなコーナーがありました。
そのコーナーが面白すぎたので、紹介します。

♪〜(BGM)

f:id:hiziri69trout:20160417134305p:image

「こんばんは。」

f:id:hiziri69trout:20160417134422j:image

「今気に入ってるのは、ダブルオーシリーズの、エクシアです。」


f:id:hiziri69trout:20160417134020j:image

(おわり)

私「クッッッッソwwwwwwwwwwwww」
弟「wwwwwwwwwwwww」
父「何が面白いんwwwwww」

面白すぎてよだれが出るほど笑いました。

再現してみました。

♪〜(BGM)

f:id:hiziri69trout:20160417212240j:image

「こんばんは。」




「今気に入ってるのは、『当たりだとおそ松さんグッズが出るガチャガチャ』を回してでた、スターウォーズのキャラらしいメモ立てです。」

f:id:hiziri69trout:20160417212253p:image


f:id:hiziri69trout:20160417212321j:image


(おわり)




感想を聞きました。

父「wwwwwwww」
母「相変わらず面白いねwww」
姉「何してんのwwwwwwwww」
弟(カメラ)「おもろwwwwwwww」


なんていうか、デブいですね。痩せなきゃ。




ちなみに弟バージョンも撮りました。


f:id:hiziri69trout:20160417212505j:image



(部屋きたねえ)




明日は地獄の月曜日だぁーーーーーおええええあええええ
しかもテスト!\(^o^)/完全オワタ



今日はこの辺で!
ありがとうございました!